ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ワームトレー。 | main | Metallic mold。 >>
2015.09.03 Thursday

ヘビーなカバーに...意外と大丈夫。


"Smile worm Mammy"を使用した
オーバーハングなどのヘビーカバー攻略。

難攻不落なスポットほど
サカナが居れば高確率でバイトに持ち込むことが可能です。

これまではテキサスリグなどスナッグレス性能に
特化したリグで試みていたカバー攻略。

そんなスポットにネコリグを落とし込むのですから
バイト確率は遥かにアップすることはご想像通り。

バイトさせるためには「自然なフォール姿勢」は絶対。
そのためにマスバリでのセッティング。

太軸のマスバリにハードなセッティングで
取り付けたファイバーガードを装着。

適切なフックを使用すると...
意外と引っ掛からないものです。

リグをキャストしても帰ってこなければ意味がありません。


"C-610M"などミディアムパワー以上のロッドを
使用することで難なくフッキングに持ち込みます。

ググッとティップを引き込むようなバイトに
引きつけるようなイメージでフッキング。

思いっきりアワすことは逆効果。
これだけは絶対に避けてくださいね。

サカナを暴れさせないようにすること。

サカナの重みを利用してフックポイントを
突き刺すことが出来れば最高です。
マスバリなので掛りは良いです。

あとはロッドパワーを頼りに引き出すだけ。

落ちパクでバイトを稼ぐには
フォールでの姿勢や動きが重要です。


○参考タックル○
ルアー Smile worm Mammy ネイルシンカー2.2g-3.0g
ロッド SEITEN C-610M
ライン SUNLINE Shooter 12-14lb
フック 太軸マスバリ with ハードガード


写真のフックはファイバーガードをタイイングののち
根巻き部分を接着剤でカチカチに固定しています。

シャンクに根巻きを施してから
ファイバーガードを二重でタイイング。

根巻き部分を補強するだけでもガード力はアップしますので
市販のフックにひと手間かけることで快適に使用することが
出来るので是非お試しください。
Powered by
30days Album